PIC16F887を使った基板の通電性能検査機

PIC16F887と8ピンのシリアルのEEPROM-1024KBを使い基板の検査機を製作しました。システムの基板は 出力デジタル16bit フォトMOSが16bit・入力デジタル32bit ACフォトカプラ32bit(8bit単位で独立)10bitA/D 8ポート、導通確認・電圧測定・接続確認・コマンドで基板上のICを制御して出力の確認を行います。検査規格の順番で試験を行い、不良部分でNG内容を表示して停止します。検査規格はパソコンからRS232CでダウンロードしてEEPROMに保存しておきます。検査品が変わった時は、アダプタとEEPROMを交換します。

    vfx の紹介

    電子応用機器の回路設計・基板設計・試作・プログラム・生産 特注品を作る会社です。 開発商品は照明制御機器・映像音声機器・ライン性能検査機などの電子機器があり、 小ロットから対応できますので、こんなのが欲しいと思つたらお電話下さい
    カテゴリー: 製作品 パーマリンク

    コメントを残す